チェック☆

2010/12/30

コンビニの買ってはいけない食品買ってもいい食品  渡辺雄二



コンビニの買ってはいけない食品買ってもいい食品  渡辺雄二

¥735(送料無料)



大和書房
2010年5月発行
253ページ


著者の渡辺さんは数々の添加物ブックを出されています。

「ヤマザキパン」「花王アタック」など、批判すべきメーカーや商品名を堂々と明記する潔さ。

きっとメーカーからの批判が絶えないでしょう。でもそんなことはものともせず、次々と添加物がいかに人体に危険をおよぼすかをつづった書籍を出しています。

食品添加物や化粧品添加物などに多少の知識があるつもりでいましたので、今まで渡辺さんの本を手にとったことは(おそらく)なかったと思います。

しかし、自炊はするもののコンビニのお菓子もよく購入する私は、書店で棚に並んでいたこちらの本にぴたりと目がとまってしまいました。

読み終えて4日・・・コンビニに足を踏み入れていません。本書ではコンビニで売られている「良い商品」も紹介してくれているのですが。

book ranking


たくさんの添加物名と、動物実験でどのような結果が出たか、そして人体におよぼすと思われる影響などが、商品の具体名とともに書かれています。

その数は相当なものですが、中から私がショックを受けたもの、個人的に注目したものをご紹介。


★ウィンナーソーセージ

肉が黒ずむのを防ぐ亜硫酸Na・・・

強い毒性を持つ。ヒト推定致死量は0.18~2.5g。0.18gという値は、猛毒の青酸カリと大差ない。青酸カリのヒト致死量は0.15g。

さほど知識がない私でも、2時間ものの殺人事件ドラマでいく度となく耳にする青酸カリという単語を知らないわけはありません。怖ろしいです。

本の中では、ニッポンハムのシャウエッセンが取り上げられています。

幸い、このような市販のウィンナーは食べませんが。


トクホ飲料

厚生労働省が特定の効果があると認めて表示を許可した飲料だが、薬と違ってそれほどたいした効果はない。
アセスルファムKやスクラロース(甘味料)は安全性に問題があるので避けたほうがいい。

トクホと名のつくものはどれも少しお値段が高いし、国が効果を許可したとなると、それだけで信頼性が高いものだと思い込んでいました。

しかも、一時期繰り返し奮発して飲んでいた「ヘルシア」が載っているとはショックです。


煉ようかん 和菓撰(ファミリーマート)

こちらは「買ってもいい」おやつとして紹介されています。ほっ。

保存料などの添加物は使われていないにもかかわらず長期間保存できるのは、砂糖がたくさん使われているから。

食品に砂糖が50~60%ふくまれると、最近は増殖できなくなります。これを「糖蔵」といいます。

砂糖や塩を多く使うと保存が効くのは知っていましたが、具体的なパーセンテージは知りませんでしたので、勉強になりました。


おいしい酸化防止剤無添加ワイン メルシャン

こちらも買っていいワイン。

酸化防止剤である亜硫酸塩が使われていることが多いワインだが、メルシャンのこちらは無添加ワイン。

商品原料を見ると「輸入ぶどう果汁」としかありません。
お値段も1本(720mL)595円とリーズナブル。


ブルドックソースのウスターソース、キッコーマンのキッコーマンしょうゆ

これはうれしい意外性で、大手メーカーだから添加物たっぷりというわけではないことを知りました。

両方、買ってもいい食品として紹介されています。

ブルドックソースは、以前はカラメル色素を使って色合いを調節していましたが、2006年から使用を中止し現在は無添加。

醸造酢により長期間腐りません。

しょうゆに関しては、大手メーカーは添加物としてアルコールを使用していますが、悪影響はなく保存性を高めます。

ただし、地方の中小メーカーのしょうゆは、保存料の安息香酸Naや絡める色素が添加されていることがあるので要注意。

安息香酸Naは、人間に白血病をおこすことがわかっているベンゼンに変化する可能性があります。

地方メーカーのほうがコツコツ地道に良いものを作っているという印象があったのですが、そのような偏見は捨てることにします。


★カット野菜・海藻・魚介類の消毒に使われている次亜硫酸Na

急性毒性が強く、ヒト致死量は茶さじ1杯というまさしく毒物。
漂白剤の「ハイター」や「カビキラー」の主成分。

水で洗えば残留しないという理由で、使っても表示義務はない。しかし水洗いが不十分な場合、十分残留する。

つまり、コンビニのサラダは買うなということですね。野菜不足の方は、添加物無添加の野菜ジュースやトマトジュースを選ぶのがいいですね。


★用途名併記の添加物は毒性の強いものが多い

例:
保存料(ソルビン酸K)・酸化防止剤(ビタミンE)・着色料(赤2)など

ただしビタミンC、ビタミンEなどはほとんど毒性なし。


★避けるべき添加物・・・動物実験で発がん性が認められた合成添加物

・OPPおよびOPP-Na・・・防カビ剤
・過酸化水素・・・漂白剤
・赤色2号・・・着色料
・臭素酸カリウム・・・小麦粉改良剤→日本でつ合っているのは山崎製パンのみ
・BHA・・・酸化防止剤
・BHT・・・酸化防止剤
・二酸化チタン・・・着色料
・サッカリンナトリウム・・・甘味料
・アスパルテーム・・・甘味料




そもそも、自然界に存在しないような、得体の知れない化学合成物質を食品のなかに混ぜるという行為自体が、私は間違っていると考えています。

食品はすべて自然界から生みだされたものです。

だから、私たちの体は食品をうまく代謝して、栄養として利用することができるのです。

だから、化学合成物質は「異物」だと渡辺さんは断言します。

しかしながら、天然添加物もその安全性は保証されていないものも多いといいます。

たとえば、保存料のツヤプリシンはヒノキ科のヒバの幹枝や根から抽出された天然のものですが、催奇形性(胎児に障害をもたらす毒性)の疑いがあるとされています。

その他、よく目にするカラメル色素も、カラメル1はほとんど問題ないけれど、カラメル2、3、4は細胞のガン化と関係があるとか。

天然添加物でも、使用回数が増えれば安全性に不安な面が出てくるのですね。

一体どれだけの添加物が存在するのだろう・・・と不安になった頃、さすが渡辺さんです、きちんと明記してくださっています。

2010年3月現在で合成添加物393品目、天然添加物418品目、一般飲食物添加物70品目。そして天然香料600品目。

気が遠くなる数値たちです。これらをすべて避けて通るのは相当至難の技だと感じます。

本書ではほかに、遺伝子組み換えや有機栽培食物についても詳しく書かれています。

それと、コンビニ独自開発のプライベートブランドについてもありますが、渡辺さんはこれは良いものが比較的多いとのご意見。

特に渡辺さんが信頼してるなと文面から感じたのは、セブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」。

リーズナブルなのに無添加でこだわりを見せている食品が多いことから、ご自身でもあれこれ好物があるようです。

セブンイレブンはコンビニの中では一番行く所なので、今度いろいろ見てみようと思います。

口に入れるものに不安を感じる人や、インスタントラーメンを食べたあとに胸やけするけどこれって何だろう、と疑問を感じる人など、「食」に興味のある方は一読をおすすめします。

ただ、読んだ直後は怖くなって、私のようにコンビニから足が遠ざかるかもしれませんが。

違う側面から見ると、確かな目を持ち食品を選ぼうという決意で、自炊が増えるという利点もあるかと思います。



★渡辺雄二(わたなべゆうじ)さんプロフィール

1954年栃木県生まれ。
千葉大学工学部合成化学科卒業。
消費生活問題紙の記者をへて、1982年にフリーの科学ジャーナリストとなる。
食品・環境・医療・バイオテクノロジーなどの諸問題を提起し続け、雑誌や新聞に精力的に執筆。
とりわけ食品添加物、合成洗剤、遺伝子組み換え食品に造詣が深く、全国各地で講演も行っている。

渡辺さん著書(一覧
        

2010/12/26

ハッピーリレー  菊田まりこ



ハッピーリレー  菊田まりこ
¥1,470(送料無料)



河出書房新社
2009年11月発行
319ページ


菊田まりこさんが、365日毎日ひとつのハッピーをホームページ上で発信してきてできた本です。

菊田さんの「ハッピー」に読者が自身の「ハッピー」を投稿してその輪は広がりました。

漫画本のようなイラスト集のような1冊です。

見た目は分厚い本なのですが、とてもシンプルなイラストと文章(というかコメント)なので、小学生でもらくらく読み進むことができるでしょう。

book ranking


日常生活にひそむさりげなく小さいハッピーが、365個ページを埋めます。

その中で、私が共感したもの、経験したものを厳選して6つご紹介。





ピカピカのランドセル。まぶしいね。ハッピー

春になるとこんな光景を目にします。

真新しい輝くランドセルが小さい背中にでーんと張り付いて、その重みで倒れちゃうんじゃないかと思うほほえましさ。





天気がよいというだけで。ハッピー

これは心から共感します。きっと私だけでないですよね。

お日様の持つハッピーパワーってすごいなと感じます。




じっとそばでまっているいい子。ほっこりする光景でした。ハッピー

なぜか、おじいさんと犬という組み合わせは絶妙にマッチするなと常日頃感じています。

不思議なもので、スローモーションかと思うほどゆっくり歩くおじいさんの横には、そんな歩幅に合わせててくりてくりと歩くワンちゃんの姿があるものなのですよね。

おじいさんを気遣っているのでしょう。そんな光景を目にすると、なんて心優しい犬なんだろうと感激してしまいます。





波にもまれた海の石たちは、カドがとれてやさしいカタチをしていました。ハッピー

幼い頃、その丸みがかわいらしくてワクワクしながら集めた海辺の石。

ガラスのカドが取れてエメラルドグリーンの丸みを帯びたカケラもありました。

今思えば、物に対して「愛おしい」と感じた先がけ体験だったかもしれません。





なかよく歩くおじいさん、おばあさん。いつまでもお元気で。ハッピー

お年寄りが特に好きというわけではないのですが、このような光景を目にした日には思わずにこりとほほえんでいる自分がいます。

たくさんの山や谷を経験してきて、今現在平野でそよ風に吹かれているような勝手な想像により、優しい気持ちが芽生えてくるのです。

おじいさんが、足の悪いおばあさんを支えているシーンも見かけたことがあります。

お年寄りがそのようないたわりを見せると、なぜジーンとしてしまうのでしょうか。

 



しんしんとふる雪をみていたら、ただみていたら、こころがしずかになりました。ハッピー

ひらがなの羅列はときに読みづらいものですが、かわいらしいポエムにも見えるなと思いました。

「雪」だけ漢字なところが、よりいっそう白い風景を際立たせています。

とても共感します。

音もなく降ってくる雪は、まるで地上の音を消し去りながら天から舞い降りてくるようだなと感じます。

雪が降ると静かなのですもの。なぜかしら。防音、遮音効果でもあるのかしら。

純粋さを表す白い色があたり一面を埋め尽くすと、気持ちがニュートラルになります。きれいに洗われる気がします。



ハッピーリレー」は癒し系ブックとでもいいましょうか。

あるあると共感したり、想像してにっこりほほえむことができたりするぬるま湯につかってゆるゆる時を過ごしているかのような1冊です。

心がトゲトゲしていたり殺伐としていたりする方は、手にとってみるといいかと思います。



★菊田まりこさんプロフィール

絵本作家を中心に活動。
グラフィックデザイナー、イラストレーターとしても、ポストカード、ステーショナリー、など幅広い分野で活躍中。
絵本作品『いつでも会える』でボローニャ国際児童図書展のボローニャ児童賞・特別賞を受賞。
絵本の他に、育児エッセイ「だっこしておんぶして」などもある。

菊田さん著書



book ranking

2010/12/24

沖縄のおさんぽ  松永多佳倫




沖縄のおさんぽ  松永多佳倫
¥1,400(送料無料)



メディアファクトリー
2010年06月発行
142ページ


横20cm、縦15cmで全ページカラー写真満載の写真集のような1冊です。

沖縄をこよなく愛する松永さんの、いわゆる「沖縄ガイドブック」とはひと味もふた味も違う沖縄本。

海で遊んで、おしゃれな場所でおいしいものを食べ、ちょっと贅沢なエステを受け、素敵なホテルに泊まる。

そんな沖縄旅行を松永さんは「そんなありふれたロケーションは、切り取られたセピア色のフレームのような想い出にしかならない。」と言います。

静かな路地裏に、沖縄の人が通う店があり、本当の意味での沖縄らしさを感じられる場所がある。

「沖縄のおさんぽ」は、もっと地元の人々と触れ合いたい人や、一般的なガイドブックに載っていないような沖縄を知りたいという人のための、グルメ&雑貨&観光指南書といえるでしょう。

book ranking


本書は大きく19の地域に分けて紹介されています。

那覇
牧志(まきし)公設市場
農連市場
首里
栄町(さかえまち)市場
桜坂
グランドオリオン通り
竜宮通り
パラダイス通り
十貫瀬通り(じっかんじどおり)
神里原(かんざとばる)
波の上ビーチ通り
裏添(うらそえ)・宜野湾(ぎのわん)
読谷(よみたん)
コザ
金武(きん)
本部(もとぶ)
今帰仁(なきじん)
糸満・南城(なんじょう)

ちょっとおしゃれなカフェも載っていますが、だいたいは地元の人でないと知り得ないであろうお店がずらり。




沖縄の花 原色押花絵工房
那覇市牧志3-20-6
098-866-5996(道に迷ったら電話するさぁ。)

ハイビスカスの花は押し花には向いていないらしい。

鮮やかな赤い色がどうしても再現できない。思案を重ねた安里(あさと)友子さんは、発想を転換し色を再現するのではなく変色することを思いつく。

そうして日本で初めてのハイビスカスの押し花ができた。
この考案により、昭和61年に科学技術庁長官賞を受賞。

すべて手作り。

ブーゲンビリアの箸置き399円。ブーゲンビリアの携帯ストラップ840円。




沖縄は見た目なんか気にしない、なんでも「ごった煮」のチャンプルー文化。口に入ればみんないっしょ。

牧志公設市場は、そんな「ごった煮」が感じられる沖縄の台所。

写真右「カズオ」は牧志公設市場の名物カレー屋。「カズオ」とプリントされたTシャツを着る女の子の人形がおもしろかわいい。

こちら、夜は「ザくろ」という飲み屋に早変わり。

写真左下は、沖縄名物島どうふ。

「かねみつ器具販売」の果物の右脇でおばあがちょこんと座って売っている。大きいサイズ400円。

島どうふは、冷蔵庫に入れない常温保存らしいですね。

以前テレビで見たのですが、冷蔵庫に入れるなんて水っぽくなって味がしなくておいしくないさぁ、とインタビューでおばあが答えていました。

ちなみに島どうふが買えるオンラインショップもいくつかあるのですよ。
島どうふ




ディープなお店もたくさん載っていますが、こちらは襟を正したたたずまい。

赤田風の琉球料理

那覇市首里赤田町1-37
18時~(予約制・日曜休み)
098-884-5543

赤田風(あかたふう)はお店の名前。1957年創業の琉球料理「美栄」で18年間料理長をしていたご主人が独立して2010年で16年目。

コースには宮廷料理もあり、政財界の要人も訪れるとか。

約150種類ある琉球料理の中から、こちらでは何種類味わえるのでしょうか。

気になるお値段は載っていなかったので検索しましたら、きちんと公式ホームページがありました。
赤田風公式サイト


ちょっと見にくいサイトですが、お店の場所はページ右下「赤田風紹介」に地図があります。

メニューを見ますと、7品4,000円、10品5,800円、12品7,900円というコースがあるのですね。

ぜひいただいてみたい!もちろん12品。




青島(チンタオ)の水餃子」:那覇・グランドオリオン通り

「水餃子は絶品。でも店内は汚いさぁ」とニターっと笑うご主人、比嘉良仁さん。

台湾直輸入の素材を使い、1人前500円。絶妙な辛さのタンメン300円。

「メニューは?」と聞くと「うん、そこらへんにあるよ」と調理しながら適当に答える適当さ。

写真は少し傾いて見えるが、実際の青島食堂も左に傾いている。





読谷の海。舗装された道を行くとその先に広がる。

「沖縄のおさんぽ」には、こんな心が晴れる風景写真もあります。







海の家 がんじゅう~」読谷

古き良き沖縄の家庭的なにおいがする。食べ物はすべて500円。

左下の写真は、ケチャップ味のやきそば、沖縄らしい一品。

その上は、ボリューム満点「ポーク玉子」。沖縄の場合、メニューに定食という文字はつかない。

「難しく考えても大変さぁ」と満面の笑みで答える女将さん。

海を眺めながら安くてボリューム満点の定食が食べられる贅沢さ。




沖縄こどもの国 ソウさんのおさんぽ」コザ

沖縄市胡屋5-7-1
9:30~18:00
098-933-4190

のっしのっしと歩くゾウさんは、琉花。9歳の女の子。

ゾウさんと人間はほぼ寿命が同じなので、琉花はほんの子供。

特に目立つアトラクションなどはない様子ですが、檻の外を歩くゾウさんに子供も大人も大はしゃぎ。




今帰仁の民宿 ハイビスカス

国頭郡今帰仁村字今泊3571
098-056-5830

古民家を再利用したような懐かしい建物だが、オーナー上間宏明さんが古い素材を集めて2ヶ月ほどで建てたというから驚き。

2009年7月オープンなのでまだ間もない。

テレビは昭和40年代のチャンネル式足型テレビ。

このあたりはテレビや映画、CMの撮影に頻繁に使われるらしく、お客さんの希望があれば自転車で周辺のロケ地めぐりの案内もしてくれる。

2名宿泊だと素泊まりでひとり4,000円。人数が多くなるほど割引になる。



再開発ラッシュで近代化された那覇市内を好まない筆者。

沖縄の自然を残したい、残してほしいという願いがこの1冊に詰め込まれてると感じました。

ここで取り上げた店や人々は、皆沖縄を愛し、意識せずに沖縄らしさを残し、また沖縄の自然というものをきちんと理解している。・・・(略)・・・

いつまでも失われてはいけない沖縄の自然。

人間が自然と共生していくのは難しくとも、人間と自然が共存していくことは可能である。

という強い思いが最後にまとめられていました。

1度しか行ったことのない沖縄ですが、強い吸引力で私を呼んでいます。

今度また沖縄を訪れる機会があったなら、ぜひ「沖縄のおさんぽ」を持参しようと思います。紙質がいいからちょっと重いけど。



★松永多佳倫(まつながたかりん)さんのプロフィール

1968年岐阜生まれ。
出版社を経てフリーライターとなる。
沖縄を終の住処と決め、ウチナーンチュと島ナイチャー(内地からの移住者)、沖縄離島の文化・風習などを研究している。
現在、沖縄那覇市在住。


book ranking

2010/12/22

アドルフに告ぐ 1~4巻  手塚治虫

   
アドルフに告ぐ(1~4巻)新装版  手塚治虫



文藝春秋
2009年1月・2月発行(新装版)
1巻~4巻


「ブッダ」12巻に続き、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」4巻を読み終えました。

漫画なのであっという間に読めました。

「アドルフに告ぐ」は、1983年~1985年にかけ「週刊文春」(文藝春秋)に連載されました。

book ranking

物語の概要はウィキペディアより抜粋しましたので、以下を参考にしてくださいませ。

第二次世界大戦前後のドイツにおけるナチス興亡の時代を背景に、「アドルフ」というファーストネームを持つ3人の男達(アドルフ・ヒットラー、アドルフ・カウフマン、アドルフ・カミル)の3人を主軸とし「ヒトラーがユダヤ人の血を引く」という機密文書を巡って、2人のアドルフ少年の友情が巨大な歴史の流れに翻弄されていく様と様々な人物の数奇な人生を描く。

作品の視点は主にカウフマンとカミルであり、ヒトラーは2人のドラマからやや離れて描かれているにとどまっている。

これらに日本人の峠草平が狂言回しとして加わり、ストーリーが展開する。

ベルリンオリンピックやゾルゲ事件、日本やドイツの敗戦、イスラエルの建国など、登場人物たちは様々な歴史的事件に関わる事になる。

『陽だまりの樹』と並び非常に綿密に設定された手塚治虫の後期の代表作。

以上。


物語のはじまりは、1936年8月のドイツ。

ベルリンオリンピックに沸くドイツへ、協合通信の特派員だった峠草平(とうげそうへい)は派遣されていました。

そして、8月5日ベルリン留学中の弟から1本の電話があり、重大な話があるから明日来てほしいと告げられます。

ですが、結局会いに行ったら弟は殺されていたのでした。

そこから長い物語が始まります。峠草平が全体の進行役となり話は進みます。

峠さんは各所各所に登場して、すべての登場人物と関わることになります。

ただ、ヒトラーとだけは面と向かっては出会いませんでしたが。

弟が殺されたのは、彼が「ヒトラーは実はユダヤ人である」ということを証明した文書を手に入れてしまったからでした。

その文書をめぐる、追う側追われる側の物語なのです。


ヒトラーに陶酔し、時期気に入られるアドルフ・カウフマンと、神戸に住むユダヤ人のアドルフ・カミル。

この2人も大きな核でしょう。

2人は幼い頃から日本(神戸)に住み、いじめられるカウフマンをカミルが助け、友情をはぐくんでいたのでした。

が、ドイツ人であるカウフマンはヒトラー学校へ行き、のちに大量殺戮に加わって行きます。

遠く離れた日本に住むカミルはそんなことも知らず、まじめに明るくパン屋を営む母親を助ける生活。

ユダヤ人なんて・・・とさげすみつつ、心の奥底ではカミルにまだ友情を抱いていたカウフマン。

物語の最後、カウフマンはカミルの父親を銃殺し、それを知ったカミルはカウフマンの子供と奥さんを銃殺します。

そして、カウフマンとカミルはお互い銃を向け合い、結局カウフマンが死にます。

撃ち殺したのカミルはがっくりと肩を落とし、おそらく涙を流して去って行ったのであろう背中が痛々しかったです。

何人もの登場人物がいて、それぞれ体や心に傷を負いそれでも前に歩いて行きます。

見るに耐えないひどい情景もたくさん出て来ますので、何度まゆをひそめたかわかりません。

じわりと目頭が熱くなることも一度や二度ではありませんでした。

この時代の映画を見たり物語りを読んだりすると、人間ってなんて愚かなんだろうと思わずにはいられません。

ですが同時に、強くて優しいまっすぐな心を持った人間の登場に希望を見ることもできました。

それが私にとっての峠草平でした。

実直で情にもろく、力強く陽気。理想の男性です。

物語終盤で、どっと涙があふれてしまったシーンがありました。

神戸空襲で気を失い救護所で目を覚ます峠さん。

なんの音もしないなと気づき、耳がちぎれて鼓膜が破れたと知り、「ワーッ」と大泣きしてしまうのです。

そばにいた亡き弟の恩師が気の毒そうに話しかけます(峠さんには聞こえませんが)。

その時峠さんは言うのです。

小城先生、誤解せんで下さい。こりゃ嬉し泣きなんです。ハハハハ

耳が聞こえなくなっただけですんでよかったと思ってるんです。

目をやられて・・・手足をもがれて・・・からだまでえぐられた人がゴマンといるでしょう。

私ァまだずっと幸せだ。

そうだ。手がありゃ筆談もできる。記事だって書けまさァ。ハハハハ・・・

なんてポジティブ。

それまでの峠さんの優しさやふんばりを見ているからなおさら感情がこみ上げたのかもしれませんが、とにかく今読み返しても泣けてしまいます。

峠さんはその後、アドルフ青年たちのことや戦争のことを本にします。タイトルは「アドルフに告ぐ」。

子供が孫に、その孫がまた子供にと、「世界中の何千万の人間が・・・正義ってものの正体をすこしばかり考えてくれりゃいいと思いましてね・・・つまんない望みですが」と、年老いた峠さんはカミル夫人に話します。

これは、手塚治虫さんの強い希望でもあったのではないでしょうか。

峠さんを通して想いを語ったように思います。

最後は次のように閉じられます。

これは、アドルフと呼ばれた三人の男達の物語である。

三人はそれぞれ異なった人生をたどりつつ、一本の運命に結ばれていた。

最後のアドルフが死んだ今、この物語を子孫達へ贈る。

DAS ENDE

峠さんの書いた本の最終文章という形になっているのですね。

「DAS ENDE」は、おそらくドイツ語でしょう。「THE END」のことでしょう。

国とか人種とか生とか死とか愛とか、いろいろなことをまとめて考えることのできる4冊です。


宝塚に手塚治虫記念館があります。彼は5歳から24歳までを兵庫県宝塚市で過ごしました。

私は以前宝塚にほど近い所に住んでいたことがあります。

それなのに、悲しいかな灯台下暗し。一度も記念館を訪れませんでした。

いつの日か足を踏み入れたいです。

book ranking

2010/12/19

わたし好みの口福のギフト100味選  裏地桂子


わたし好みの口福のギフト100味選
裏地桂子
¥1,995


扶桑社
2009年5月発行
207ページ


食べることが大好きで、プレゼントが大好きな著者裏地さんが、「わたし好みの100選」を、以下のシーン別に紹介しているカタログのような本です。

第1章 お祝いに
第2章 およばれに
第3章 ちょっとしたプレゼントに
第4章 元気をあげたい方へ
第5章 ご飯好きな方へ
第6章 子どもがいるお宅へ
第7章 さし入れに
第8章 海外旅行のおみやげに

ネット通販で購入できるものから、お店に行かないと買えないものまで、そして、スイーツから飲み物からおかずまで、幅広く写真付きで掲載されています。

そして、その食べ物たちにまつわるエピソードから、お店情報までていねいに書かれています。

私が個人的に興味を持ったものを一部ご紹介します。

book ranking


パークハイアット東京のリエット
1個¥1,800


著者がホームパーティに招待されたときに持っていくのが、こちらのリエット。

薄く切ったバゲットに塗って食べます。

味は、ポーク、ダック、チキン、シュリンプ、サーモンの5種類。

粒コショウがきいて臭みがないポークリエットが一番人気。

おいしいだけじゃなく、イラストが描かれた白い陶器のポットもかわいい。



南青山まめ」のわらび餅
1個¥260
1箱(4個入り)¥1,040
発送不可


表面にきな粉がまぶされ、沖縄産の黒糖を使ったわらび餅が中に。中央には手こし餡。

京都出身の店主、大八木恵子さんが毎日昔ながらの手こしでていねいに作る。

ほかに、大きなあまおうを使った苺大福と黒米おはぎも逸品。



ANKOのスープ
1本485g ¥1,050


スペインの小規模な家族経営の農家が、厳選された新鮮素材でこだわって作る。

無添加なので体に優しい。ガスパチョは冷蔵庫で冷やし、よく振って器に移すだけでそのまま飲める。

オリーブオイルをたらしたり、きゅうりや玉ねぎを小さく切って乗せたり、温泉卵を落としてもおいしい。

瓶1本で2~3皿分。

筆者は、お疲れぎみの人へさしあげるとのこと。



銀装のカステラ
赤箱1本・青箱1本¥2,310

大阪・心斎橋で昭和27年(1952年)創業のカステラ専門メーカー「銀装」。

新鮮な卵、高純度の自双目(ざらめ)糖、特等小麦粉、純良なハチミツなど、開店当初からずっと安心・安全にこだわっている。

水は1滴も使わず、合成保存料や膨張剤も不使用なのに、きめ細かくふんわりとソフトな口当たり。

スライスされた5切れがフレッシュパックされていて、ちょうどいい食べやすさ。


100選を紹介したあと、最後に「+おまけ」として福内商店の口福コロッケでしめくくられています。
1パックに生コロッケが6個入っていて、自分で揚げる。

日本橋高島屋では売り切れることもあるらしい。入荷数も少ない幻のコロッケ。



情報がごちゃごちゃ交錯しているグルメ雑誌より、シンプルで見やすくとても重宝します。

おいしいものが食べたいと思った時、ぜひページをめくりたい1冊です。



★裏地桂子(うらじけいこ)さんのプロフィール

クリエイティブコーディネーター。
「啓子桂子」プロデューサー。
1996年より『Grazia』『婦人画報』『メイプル』『和樂』などの女性誌でライター、コーディネーターとして活躍。
衣食住ライフスタイル全般に精通し、現在は、企業やショップの商品企画、コンサルティング、プロデュースなどを手がける。
また、もの選びのセンスには定評があり、雑誌やショップ、百貨店の企画展などでさまざまなジャンルの商品セレクションを行う。
京都在住のバッグデザイナー千原啓子と組み、スタイリッシュでありながら、どこか和を感じさせる“デザイン和もの”をコンセプトにした「啓子桂子」ブランドを展開中。
草月流師範。東京都在住

裏地さん著書
   


book ranking

2010/12/13

猫語の教科書  ポール・ギャリコ  灰島かり・訳



猫語の教科書 ポール・ギャリコ
¥609(送料無料)
 
 

筑摩書房・ちくま文庫
1995年7月25日発行
203ページ

15年前の本ですが、ぜひいろいろな方に読んでみていただきたい1冊です。

「猫語の教科書」は、1匹の猫が世の猫たちのために書かれた本ということになっています。

その「猫語」によって書かれた原稿を、ひとりの人間が訳して本にした、ということになっています。

どうやったら人間世界でうまく生きて行けるかを、猫が猫に教える教科書なのです。

ですが、もう少し深いところで、実は私たち人間を客観的に見てあれこれ指摘してくれている本でもあるのです。

にやにや笑いながら読み進めましたが、はっと気づかされる箇所も多い良書でした。

book ranking


語り役の猫は、自分は頭も良く顔も良く気力にあふれていると、自分にたいへん自信を持った猫。

自分だけではなく、猫という生き物はこの世で最高の存在であると、自分たちの種族に強い自信を持っています。

ですから、人間を見下す言い回しがたくさん出てきます。

それなのに腹が立たないのは、単に私が猫好きでおもしろがって読んでいるのと、ずばり言い当てているなと納得するからでしょう。

たとえば、のら猫から家猫に昇格するために、猫が使うべきワザの数々を披露します。

人間の男性と女性では、対応のしかたが違うのだと説いたあと、以下のように続くのです。


けっして、(くりかえしますけど)けっして、男性をおだててモノにする方法を、奥さんに使ってはダメ。

うまくいくはずがないんだもの。

なぜなら、奥さんは前から猫と同じ方法で、ご主人をあやつっているからです。

女性は多くの点で私たち猫に似ています。

似ているなんて迷惑な話だけれど、でも女性に対するときはいつもこのことを頭に入れておかなくてはなりません。

女性は猫と同じく生まれつきのハンターで、本能的で、獲物をあつかうときには残酷でさえあります。

猫は獲物をもてあそぶといって非難されるけれど、女性も同じ。

逃がしてやるふりをして、かわいそうな獲物がホッと息をつくと、それが一巻の終わり。

獲物にとびかかって、とどめの一撃を加えるのです。

女たちはものすごく頭がいいから、けっして軽く見てはいけません。

いうまでもなく女たちは、女につかまり制服された男たちよりもずっと賢いのです。・・・(略)・・・

猫がご主人を陥落させるためにどんなテクニックをどう使ったのか、全部奥さんにばれてしまう瞬間が、いつか必ずやってきます。

そのとき、猫と奥さんはお互いの本性を現さざるを得ないので、猫はそのときにそなえなくてはいけません。

長く引用してしまいましたが、こんなかんじです。

どきっとする女性も少なくないのではないでしょうか。

私は常々猫とある種の女性はそっくりだなと感じていたので、強く共感する文章の一部でした。


人間の座る椅子を、猫が気に入った場合。いかにその椅子を自分(猫)専用にするかという教えについては、人間の本質をよくつかんでいるなと感心させられます。

まず手始めに、その椅子の上でたっぷり時間をすごすこと。

丸まって眠りこんだり、眠っていないときでも眠ったふりをしたりして、猫がそこにいるのを家族の目に慣れさせます。

だんだんわかってくると思うけど、人間は習慣の動物で、しかもたいへん怠け者。

だから洗脳すればどんなことでも信じこむし、ある状況を運命として受け入れさせるには、目を慣らしてやりさえすればいいんです。

これを読むと、猫のほうが一枚も二枚も上手ですよね。本当に猫が内心そのようなことを考えていた場合の話ですが。


絶対にこれは人間の女性のことを示唆してるな、と感じたのは以下。

人間の家を支配するためには、自分の魅力をどう人間にアピールすべきか、知っていなくてはなりません。

表情、しぐさ、顔や体の動き、全部を使って、自分の魅力を輝かせるの。

だって猫はどんなときでも、妖艶でしとやかで、謎と魅惑に満ち、セクシーで官能的で、快活で愛嬌あふれ、おもしろくて人好きがして、愛の魔法で心かきみだし、心をそそり心を満たす、ほれぼれとかわいらしい存在であり続けなければならないんですから。

上記文章冒頭の「人間の家」を「男性」に変えれば、ほらね、そういう女性いるなと思いますでしょう。


同じように策略的女性を思わせるこんな文章もありました。

命あるものの中で、猫こそが最も優美な生き物であることは疑う余地がありません。

これをしっかり頭に入れておくこと。

寝そべったり、座ったり、歩いたり、からだをなめたり、ふざけたり、獲物を追ったり、つまりどんな姿勢で何をしようと、優美でなくてはいけません。

目的はもちろん、家族を魅惑し、うっとりさせておくため。・・・(略)・・・

おかげで猫が人間の家を乗っ取ったという事実はおおい隠されるというわけです。


内容全体が、人間を見下してると感じさせる表現が多いのですが、深く共感するところもたくさんあるのです。

長いこと人間と暮らして観察した結果わかったのですが、人間どうしのもめもごとの原因は、いつも必ずことばです。

人間って、しゃべってはもめごとの種をまきちらす変な生き物なの。

世の中で起こるほとんどは、ことばによってもたらされるマイナス現象から生じると私も思っているので、強く共感します。

動物がかわいいのは、ことばを発さないからだと思ったことはありませんか?

いやもちろん、見た目もしぐさも十分かわいらしいのですが、もし「ほら、私ってかわいいでしょう」「仕方ないからなでさせてあげるわよ」なんていちいちしゃべられていたりしたら、単純にかわいいとは言えない状況も増えるのではないでしょうか。

映画「ドクタードリトル」がおもしろおかしくそれを証明してくれました。

動物の声がすべてことばとして理解できてしまうということは、この上なく疲れるはず。

人間はことばを持っている唯一の生き物ですが、だからこそ動物の世界では起きえない事件もたくさん起きてしまうのです。


一見高飛車な内容の教科書ですが、わがままし放題ではいけないという猫なりの姿勢も書かれています。


猫が家を乗っ取ってくれていっしょに暮らしてくれるなんて、人間はなんて運がいいんでしょう。

猫がどんなに人間のためになっているか、猫ならみんな知っています。

でもそうだからといって、猫がマナーを守らなくてよいということにはなりません。

このことはちゃんとわきまえてほしいわ。

猫に対する教科書を書く立場として、しめるところはきちんとしめているのです。


最後のほうは愛について語られています。

人間と暮らしているといやでも学ばざるをえないことですが、人間はほんの少しのいいところを除くと、愚かだし、虚栄心は強いし、強情な上に忘れっぽく、ときにはずるくて不誠実でさえあります。

平気で嘘をついたり、表と裏があったり、破るとわかっている約束をしたりもします。

わがままで、欲張りで、考えが浅く、所有欲が強いくせに気まぐれで、おくびょうで、嫉妬深く、無責任で、ひとりよがりで、狭量で、忍耐心に欠けて、偽善的で、だらしない。

でもこういう悪いこと全部にもかかわらず、人間には愛と呼ばれる、強くてすばらしいものがあって、彼らがあなたを愛し、あなたも彼らを愛するとき、他のことはいっさいどうでもよくなります。

でもね、ここで忠告しておきますが、あんまり愛に溺れて自分を守ることを怠ってはいけません。

この本で身を守るいろいろな方法を楽しんで、しっかり身につけてください。

けなし放題けなしたあとに、でも愛はすばらしいとしめくくる。

だけどさらに、だからといって愛を信じすぎてはいけないと釘を刺す。

まるで人間に忠告しているかのようです。(いや、忠告しているのでしょうね)

愛こそすべて!では痛い目見るよと教えてくれているのです。

その優しいようで強い言葉に愛を感じます。


猫好きの方、猫嫌いの方、そして女性の気持ちを知りたい方、わたしたち人間という生き物を客観的に見てみたい方、ぜひぜひご一読なさることをおすすめいたします。

笑えますし、勉強にもなります。

これを機に、ポール・ギャリコさんの著作をいくつか読んでみたいと思います。

そして今後、猫を見たらいろいろ語りかけ本心をさぐってみたいと思います。


book ranking

2010/12/09

きょうの猫村さん4  ほしよりこ

¥1,200(送料無料)


マガジンハウス
2009年8月発行
253ページ


誰しも、「犬派?猫派?」と聞いたり聞かれたりした経験が、人生で一度や二度あるのではないでしょうか。

私は、聞いたことも聞かれたことも、数えたらきりがないような気がします。

かくいう私は犬派です。といっても動物好きですので猫ももちろん好きなのです。

ですが犬は飼ったこともあるし、やはり派閥と聞かれれば犬となるでしょう。

しかしながら、人生に影響を及ぼすほどの猫に、今のところ2匹出会っています。

しかもどちらもこの1年内の出会い。

1匹は、猫好きブロガーさんなら知らない人はいないであろう、うにちゃん。

そしてもう1匹は、今日の主役である猫村さん

きちっとした名前は、猫村ねこ。

このおふたかたのおかげで、自分が猫派か犬派か惑わされる日々を送っている次第です。

book ranking


きょうの猫村さん」は、マガジンハウスから現在4巻目が出ています。

といっても、「つづく」のラストから1年以上5巻目が出ていないのが寂しさ極まりないところでありますが。

本日は、文字よりも猫村さんの姿そのものを中心に綴らせていただきます。ぜひぜひそのかわいらしい姿をみなさまにも目にしていただきたいので。

たまらなく愛おしくなってしまう、猫村さんのイラスト特選です。

ものすごく簡単に物語のあらすじを申しますと、家政婦として働く猫村さんと、勤め先の犬神家の人々との猫&人間模様。

猫村さんが住み込みで衣食住をしている家政婦協会の様子も折り込まれます。

人間の世界に猫が家政婦として働くという突飛な設定ながら、実に自然に描かれています。

そして、猫村さんのお人好しで涙もろくていつでも真面目な姿に、癒され、じーんと心打たれ、思わず笑ってしまうのです。

間違いなく今年声を大にしておススメしたい本(漫画です)ナンバーワンと言えるでしょう。

それでは、特選猫村さんをどうぞ。


 テレビドラマが大好きな猫村さん。

特にぐちゃぐちゃの悲惨な設定の昼ドラのようなものが好みです。

元来感情移入しやすい性格のため、このようにお皿を洗いながら拭きながら、ドラマのワンシーンを思い出し涙することは日常茶飯事。

その本気度は、スポンジを持った手で涙をぬぐうほど。ピュア!


心ここにあらずのダンナに寂しさを感じている時出会ってしまった大学生青年。

近頃ダンナからは聞けないような優しい言葉をかけられ、自宅に戻って動揺する奥様。

猫村さんが家政婦として働いている犬神家の奥様です。

猫村さんは、どうしていいかわからなくなる時やあせっている時、ぺろぺろ顔を洗う猫の習性が出てしまうクセがあるのです。

本気で相手のことを思う猫村さんならではの行動に、胸打たれます。



いつも穏やかでニコニコ笑顔の癒しの猫村さんが、唯一張り合ってしまうライバル的存在がこの近所の家政婦さん。

猫村さんは彼女を「こわがりの奥さん」と呼んでいます。そうなのです、この奥さん、けっこう臆病モノなのです。

このシーンでも、ハエだらけのハエ取り紙を素手でポイ捨てできるんだから、という自慢だかなんだかわかりにくい売り言葉に対して、村田家政婦事務所の奥さんは素手でミミズをつかめるんだからと、買い言葉の猫村さん。

気持ち悪がるこわがりの奥さんに対してダメ押しする、ちょっと意地悪な猫村さんのなかなか見られない姿です。

ふたりのやり取りは実に笑えます。



かと思えば、やはり心根の優しい猫村さんは、迷子の坊やをお家まで連れて行ってもあげるのです。

ボク子供じゃないんだもん、と完璧に子供らしく強がる坊やのことをからかうでもなくバカにするでもなく、そうよねボクはえらいのよねと優しくなだめる猫村さん。

つないだ手がかわいくてたまりません。

幼い頃かわいがってくれた猫村さんの元飼い主の坊やと重ねてもいるのです。



頻繁に出てくるのがこちらのワンショット。

猫村さんが鼻歌を歌いながら、反抗期の尾仁子お嬢さんのところへ食事を持って行くシーン。

この直後にたいてい「うるせー!ほっとけ!」とどなられる猫村さんですがめげません。

ちなみにこの風変わりな名前は「おにこ」と呼びます。
名前の由来は、「尾っぽの先まで仁義を通す」だそう・・・。犬神尾仁子・・・怖すぎる名前です。


今回も笑えたシーンがいくつかありましたが、中でも猫村さんらしさが光っていた3つのショットで終わります。


猫村さんは人間と同じようにしゃべることはできても、やはり猫なので知らないことが多いのです。

毒という言葉に敏感に反応し、本気で奥様を心配している姿がかわいすぎます。

別の日には、やはりエステに行って帰って来た奥様に、いかがでしたかと尋ねる猫村さん。
 

「確実に5歳は若返ったわね」と答える奥様に対する反応と、冷静に猫村さんに対応する奥様の対比がおかしいったらありません。


ラストシーンでは、奥様の心を動揺させた若者が、さらに接近してしまいそうなところでジ・エンド。

続きが早く出ますように。


第1巻~第3巻まできちんと読み終えてから、こちらの4巻をお読みくださいませ。

猫好きの方でなくても、心温まることでしょう。

   


book ranking