チェック☆

2010/12/19

わたし好みの口福のギフト100味選  裏地桂子


わたし好みの口福のギフト100味選
裏地桂子
¥1,995


扶桑社
2009年5月発行
207ページ


食べることが大好きで、プレゼントが大好きな著者裏地さんが、「わたし好みの100選」を、以下のシーン別に紹介しているカタログのような本です。

第1章 お祝いに
第2章 およばれに
第3章 ちょっとしたプレゼントに
第4章 元気をあげたい方へ
第5章 ご飯好きな方へ
第6章 子どもがいるお宅へ
第7章 さし入れに
第8章 海外旅行のおみやげに

ネット通販で購入できるものから、お店に行かないと買えないものまで、そして、スイーツから飲み物からおかずまで、幅広く写真付きで掲載されています。

そして、その食べ物たちにまつわるエピソードから、お店情報までていねいに書かれています。

私が個人的に興味を持ったものを一部ご紹介します。

book ranking


パークハイアット東京のリエット
1個¥1,800


著者がホームパーティに招待されたときに持っていくのが、こちらのリエット。

薄く切ったバゲットに塗って食べます。

味は、ポーク、ダック、チキン、シュリンプ、サーモンの5種類。

粒コショウがきいて臭みがないポークリエットが一番人気。

おいしいだけじゃなく、イラストが描かれた白い陶器のポットもかわいい。



南青山まめ」のわらび餅
1個¥260
1箱(4個入り)¥1,040
発送不可


表面にきな粉がまぶされ、沖縄産の黒糖を使ったわらび餅が中に。中央には手こし餡。

京都出身の店主、大八木恵子さんが毎日昔ながらの手こしでていねいに作る。

ほかに、大きなあまおうを使った苺大福と黒米おはぎも逸品。



ANKOのスープ
1本485g ¥1,050


スペインの小規模な家族経営の農家が、厳選された新鮮素材でこだわって作る。

無添加なので体に優しい。ガスパチョは冷蔵庫で冷やし、よく振って器に移すだけでそのまま飲める。

オリーブオイルをたらしたり、きゅうりや玉ねぎを小さく切って乗せたり、温泉卵を落としてもおいしい。

瓶1本で2~3皿分。

筆者は、お疲れぎみの人へさしあげるとのこと。



銀装のカステラ
赤箱1本・青箱1本¥2,310

大阪・心斎橋で昭和27年(1952年)創業のカステラ専門メーカー「銀装」。

新鮮な卵、高純度の自双目(ざらめ)糖、特等小麦粉、純良なハチミツなど、開店当初からずっと安心・安全にこだわっている。

水は1滴も使わず、合成保存料や膨張剤も不使用なのに、きめ細かくふんわりとソフトな口当たり。

スライスされた5切れがフレッシュパックされていて、ちょうどいい食べやすさ。


100選を紹介したあと、最後に「+おまけ」として福内商店の口福コロッケでしめくくられています。
1パックに生コロッケが6個入っていて、自分で揚げる。

日本橋高島屋では売り切れることもあるらしい。入荷数も少ない幻のコロッケ。



情報がごちゃごちゃ交錯しているグルメ雑誌より、シンプルで見やすくとても重宝します。

おいしいものが食べたいと思った時、ぜひページをめくりたい1冊です。



★裏地桂子(うらじけいこ)さんのプロフィール

クリエイティブコーディネーター。
「啓子桂子」プロデューサー。
1996年より『Grazia』『婦人画報』『メイプル』『和樂』などの女性誌でライター、コーディネーターとして活躍。
衣食住ライフスタイル全般に精通し、現在は、企業やショップの商品企画、コンサルティング、プロデュースなどを手がける。
また、もの選びのセンスには定評があり、雑誌やショップ、百貨店の企画展などでさまざまなジャンルの商品セレクションを行う。
京都在住のバッグデザイナー千原啓子と組み、スタイリッシュでありながら、どこか和を感じさせる“デザイン和もの”をコンセプトにした「啓子桂子」ブランドを展開中。
草月流師範。東京都在住

裏地さん著書
   


book ranking