チェック☆

2011/03/30

ニューヨークのとけない魔法  岡田光世


ニューヨークのとけない魔法  岡田光世
¥620(送料無料)




文藝春秋
2007年2月発行
334ページ



女性らしい素敵な表紙にまず引き込まれました。

タイトルは英訳すると"Under the Spell of New York"。

ニューヨークのとけない魔法」の中には、岡田さんのミニ体験談がいくつも散りばめられていると同時に、使える英語表現も紹介されています。

エッセイだけれど、英語の勉強にもなる1冊です。

そして、読み始めから読み終わりまで、くすっと笑えたり、じーんとしたり、ほっこり気分になれたり、とにかく心が温まる文章。

岡田さんのお人柄もあってこその体験談に、こちらもワクワクしてしまうのです。

book ranking


アメリカでは、行動を起してみると希望がかなう、という体験」を、岡田さんは何度もしたといいます。

原則として外国人留学生は奨学金を受けられないことになっているニューヨーク大学へ、「奨学金つき」で入学願書を提出したらあっさり合格通知が送られてきたり、

取りたい授業がとれなくて残念だともらしたら、相手から推薦状を書いてもらえ、私からも離してみるからと言われ、例外で受講が可能になったり、

Ask and you'll receive.(求めよ、さらば与えられん。)
If you want it,go for it.(ほしければ、手に入れろ。)

という社会なのですね。

マンハッタンの食品雑貨のとあるオンライン・ショップでは、なんと自分で値段を決められるというのです。ほしい商品を何割引で買いたいかまず選択し、同意すれば売買が成立するという仕組み。

個人の主張を尊重するというか、主張が強い人間が集まっているからこそできたシステムというか。日本だったら値引き交渉する人もいるでしょうが、たいていの人間は言い値で買い物をしますよね(私もですが)。国の違いを感じます。

国の違いといえば、思わずぷぷっと笑ってしまう話もたくさんあるのです。

例えば、岡田さんの夫が地下鉄で体験したことの数々。

The Road Less Traveled というベストセラー本を読んでいたら、隣の女性が「大学の宿題?それとも趣味?それすごくいいわよね。彼のほかの本も良かったわ。」と話し始め、しまいにはバッグから紙とペンを取り出し、読むべき本リストを書いて渡してきたというのです。

そして、今度自分を見かけたら感想を聞かせてと言い残し地下鉄を降りて行ったそう。

別の日には、やはり地下鉄で本を読んでいたら、眠くてたまらないから、どこそこの駅に着いたら起こしてくれる?と頼まれごとをしたり。日本人ならではの責任感か、彼の人柄か、乗り過ごさせては大変と気が気でなく、結局読書には集中できなかったとか。

ちらちら自分を見てる黒人男性がいるなと気にしていたら、にこにこしながら近寄ってきて、君の似顔絵を描いたんだ、よく描けてるだろう?と結局それを買わされるはめになったり。

ニューヨークの地下鉄は、何事もなく静かに乗っている、という日本ではごくふつうのことが叶わなそう。

岡田さん自身も、カフェでコーヒーを飲みながらも必死でパソコンに原稿を打っていたら、「ねえ、この中でどれが一番、私に似ているかしら?」と3つの似顔絵が描かれた紙を手渡される、なんて経験をしています。

話しかけてきた女性は、その後岡田さんの似顔絵を描き始めるという。そして最後には、さっさと持ち物をまとめて去っていったという。

人の時間に割り込むことになんの躊躇もないのも時にはどうかとも。悪気がないのでしょうけれど。あ、そう考えるところが日本人的なのかしら。

寛大だなと驚いたのは、マンハッタンのBarnes & Noble という本屋さん。岡田さんお気に入りの場所だそうですが、こちらのお店、購入した本を汚して返品してもOKだというのです。取り寄せを頼んだ本についても、目を通して気に入らなければ買わなくていいというのも、日本では聞いたことがありませんよね。

そんなことで商売になるのか店長に尋ねたら、お客様に足を運んでもらうことが大事なのだと答えたそう。懐が広いといえばいいのでしょうか、びっくりです。

確かに10年以上前の話ですが、アメリカの本屋さんで、破れたり汚れたりしている本がセールでかご売りしていたのを思い出しました。なるほど、一度読んで返品したものを、そのように安く売っていたのかもしれませんね。

ニューヨークは、ふつうに暮らしていても、他人とのふれあいがとにかく多い街なのだなという印象を受けます。人と触れ合えば、そこから生まれる優しさにもたくさん触れられるわけで、心が温まるエピソードもたくさん紹介されています。

岡田さんが留学生の頃、本棚を手作りしようと、ソーホーで木材の切れ端をもらい、コンクリートのブロックをもらい、その重さによろけていると、後ろから声をかけられます。

車椅子に乗った男性が、自分のひざにブロックを乗せてアパートまで運んでくれたといいます。「でも、これ、重たいから」とためらっている岡田さんに、「だから僕なら、すぐに運べるだろ。」

It's a piece of cake.(お安いご用だよ。)

と答えてくれたそう。アパートの前まで来ると、「それじゃ、よい週末を。さよなら」と何事もなかったかのように去っていった彼。

こういう出来事は、日本だとことさら「他人に親切にする」と際立って見えてしまいますが、車椅子の彼は実にスマートにさりげなく手伝ってくれたのですね。こういう人間が多いなら、ニューヨークはなんて素敵な街なのでしょう。

東北・関東大震災のように、特殊な環境化に置かれると、私たち日本人の思いやり精神は発揮されるけれど、日常生活においては他人との距離を取ろうとするのが一般的。ふだんから親切にすることが当たり前の文化というのは素敵です。

お安いご用だよ、というフレーズが、「ケーキのかけらみたいなもんだよ」という表現だというところも重ねて素敵。

言葉という形に表現される優しさもたくさんあります。

アメリカ人がよく使う表現に、Bye,now.というものがあり、これは、Bye.の代わりだそう。岡田さんはこの表現に「名残惜しさのような温かさ」を感じるそう。

別れ際、いつの日か使ってみたい言葉だなと思いました。

温かくユーモラスな話ばかりではなく、宗教や人種差別、ホームレスについても少し書かれていて、他民族国家の側面をリアルな体験から浮き彫りにしています。

「ニューヨークのとけない魔法」は、最初に単行本が出て、私が読んだ文庫版は2007年に出版されています。文庫のあとがきは2006年12月となっていますから、今から5年近く前のもの。

ニューヨークという街自体は多少様変わりはしたでしょうけれど、人間のにおいのようなものは今も昔も変わっていないのではないかと思います。

この本を読んで困ってしまったことがひとつ。

それは、今すぐニューヨークに行ってみたい!と強く思ってしまったことでした。

とりあえず、今年1月に出版されたばかりの岡田さんの新刊「ニュ-ヨ-クの魔法のことば」を近々読んで、気分だけでもニューヨークに浸りたいです。


岡田光世さんプロフィール

1960年東京生まれ。
青山学院大学卒業、ニューヨーク大学大学院修士号取得。
読売新聞米現地紙記者を経てノンフィクション作家に。
高校、大学時代に1年間ずつアメリカ中西部に留学し、1985年よりニューヨークに住み始める。
今も東京とニューヨークを行き来しながら執筆を続けている。

岡田さん著書(一覧
  
book ranking

2011/03/23

1973年のピンボール  村上春樹


1973年のピンボール  村上春樹



講談社文庫
2004年11月
183ページ


読むのは2度目です。といっても、1度目は物語に入り込むことができず、速読流し読みでした。

今回は、3月11日の東北大震災から1週間後、朝早くからスーパーに並び、その待ち時間3時間とちょっとで一気に読みました。10ページほど残してスーパーで食糧の買出しを終え、ラストは帰宅後読み終えました。

東北の中では仙台の寒さはまだましとは言え、朝7時過ぎの空気は冷たく、手足はかじかみ途中で感覚を失くしました。

だけどその冷気が読書への集中力を増してくれたよう。手袋をはめた指でそっと1ページずつめくり、おじちゃんたちの世間話もいつしか耳に入らないくらい無事本の世界に入ることができました。

book ranking

村上春樹氏の表現する、自然についての描写が好きです。どの作品にも、こと細かに頭で想像できるような美しい自然の描写が必ずあります。

それは物語の本筋とは一見関係ないようにも思えるのですが、すべてが映画の背景のように必要不可欠な色付けとなりなくてはならない文章となります。

まるで闇の中の透明な断層を滑るように風は音もなく流れた。

風は頭上の樹々の枝を微かに震わせ、その葉を規則的に地上に払い落とす。・・・」

この描写のあと、主人公の親友である「鼠」があらゆる言葉を失くしたまま立ち尽くすシーンが続くのですが、そのとにかく音がなく静かな世界を一層極めるのはやはり先の文章があるからでしょう。


1973年のピンボール」は、1980年に単行本として出されました。私が読んだのは、2004年に第1刷が出版された文庫版。

30年ほど前の村上作品らしい、男性が共感しそうなハードボイルドな物語。私はぐいぐい入っていくことはできませんでしたが、やはりその描写や哲学的な発想は好きです。

登場人物が常にタバコをくゆらせ、時代に抗わず生き、時に消える者もある。あるがままを受け入れつつ芯も失っていない男たちに、意味を与える女性がちらほら登場する。

今作で、主人公に意味を与える女性として登場するのは、直子と、朝目覚めるとすでにそこにいた双子。

直子は、記憶の中に存在しつつも現実味があるのですが、双子はもしかして宇宙人?それとも妖精?と疑いたくなる、どこか現実離れした存在感。一応、れっきとした人間の設定になっているのですが。

主人公の部屋にいつの間にかいて、当然のように供に過ごし、物語最後にはもう帰るわと何事もなかったかのように去ります。

彼女たちは一切見分けがつかないくらいすべてそっくりで、名前がなく、コーヒー・クリーム・ビスケットばかり食べ、配電盤に強い興味を持つ2人でした。

主人子は友人と2人で翻訳の仕事をし、それなりにうまくいっています。1970年の冬、彼はピンボールに没頭しますが、そのあたりが私には興味が持てませんでした。

細かいところに謎を残す書き方は、今も昔も変わらぬ村上春樹氏らしい特徴のひとつ。直子は?双子は?鼠は?と、いくつかの疑問が残りましたが、それはそれで追及しないことにしまして。

ひとつの青春物語といっていいでしょうか。淡々と生きつつ、どこかに切なさを隠し持った登場人物たちが、最後には風に吹かれてふっとどこかへ消えて行ってしまいそうな。

最後は静かにまとまっています。

僕は一人同じ道を戻り、秋の光が溢れる部屋の中で双子の残していった「ラバー・ソウル」を聴き、コーヒーをいれた。

そして一日、窓の外を通り過ぎていく十一月の日曜日を眺めた。

何もかもがすきとおってしまいそうなほどの十一月の静かな日曜日だった。


村上春樹さんプロフィール

1949年京都生まれ、西宮市・芦屋市育ち。
早稲田大学第一文学部演劇科卒、ジャズ喫茶の経営を経て、1979年『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。
当時のアメリカ文学から影響を受けた文体で都会生活を描いて注目を浴び、村上龍とともに時代を代表する作家と目される。
2006年、特定の国民性に捉われない世界文学へ貢献した作家に贈られるフランツ・カフカ賞を受賞し、以後ノーベル文学賞の有力候補と見なされている。


村上さん著書(一覧

  

book ranking

2011/03/18

地震に備える本


私は仙台に住んでいるため、今回被災しました。

東北、関東は当分不安で不安定な状況が続くでしょう・・・

電気が使えるようになりましたので、自宅パソコンを開き、急いで今売られている地震対策本を調べてみました。

関西、九州地方の方など、今回地震の被害に合わなかった方々は、ぜひ今日からでも自分でできる地震対策を考えてみてください。

写真は、去年の夏、仙台の定禅寺通りで撮った1枚です。けやきの木々がキラキラ輝いて、とても美しい通りです。

早く、早く、この美しさを楽しめる仙台が取戻せますように。
早く、早く、家をなくし、大切な人をなくした人たちから、不安がなくなる日が来ますように。

book ranking


目黒 公郎
旬報社
2007年10月出版

【目次】

第1章 地震のほんとうの怖さを知っていますか
最近の地震被害から学ぶ強い家の大切さ

第2章 大地震は明日起きても不思議ではない
マグニチュード8クラスが4、5回、7クラスがその10倍起こる

第3章 地震に襲われたとき、あなたはどうしますか
災害イマジネーション能力を身につける

第4章 あなたの家はだいじょうぶですか
いますぐ耐震補強を進めよう

第5章 災害を減らすことはできるのか
災害のメカニズムを知ろう

第6章 災害が起こってもあわてない
危機管理(防災)マニュアルを作ろう



ロバート・S.イーツ/太田陽子
古今書院
2009年11月

【目次】

第1部 開発推進者と地震に関心を持つ人々:カリフォルニアでの最近300年間の人々と地震

第2部 テクトニックプレート、地質年代および地震(時間の概念/プレートテクトニクス/地震の基礎 ほか)

第3部 揺れる大地と巨大な波(堅い岩盤とゼリーの器/津波)

第4部 予防と対策(地震保険:地震に対しての賭け/あなたの家は地震に対する用意ができているか?/大きな構造物の地震に対するデザイン ほか)



神沼克伊
三五館
1999年2月

【目次】

第1章 個人的な地震対策

第2章 想定される近未来地震(南関東地域)

第3章 兵庫県南部地震から学ぶ安全性

第4章 地震予知は可能か

第5章 地震情報の読み方



阪神高速道路管理技術センタ-/阪神高速道路株式会社
電気書院
2005年10月出版

【目次】

第1章 概説

第2章 兵庫県南部地震による阪神高速道路の被災状況(兵庫県南部地震概要/被災概要/復旧工事)

第3章 耐震補強設計(耐震補強概説/RC橋脚1 鋼板巻立て工法/RC橋脚2 RC巻立て工法 ほか)

第4章 防災計画(道路防災計画の概要/災害予防-平常時体制/災害応急対策-初動体制 ほか)



東畑郁生/島田俊介
インデックス出版
2010年10月

【目次】

第1章 地震と地盤の液状化(液状化による被害の実例/地震動の伝播/地盤の地震応答/液状化の発生メカニズム/液状化危険度の判定/液状化対策技術の思想/まとめ)

第2章 恒久グラウトと本設注入工法による液状化防止(グラウト/グラウティング/グラウトによる固結土の耐震的性質)

第3章 恒久グラウト本設注入による液浄化対策工の実際(統合技術としての恒久グラウト本設注入工法/恒久グラウトと恒久性の実証/大規模野外注入試験/地盤条件と耐久性/急速浸透注入工法/環境保全法/液状化対策工の設計・施工/液状化対策工施工事例/液状化対策工の新技術/今後の展望/おわりに)

第4章 活性シリカを用いた改良地盤の液状化強度と改良効果の評価法(地盤の液状化現象と薬液注入された地盤の液状化対策効果/改良土の一軸圧縮強度特性/液状化強度と一軸圧縮強度の関係/改良地盤のシリカ濃度の測定法/改良後の原地盤の液状化強度の予測法/礫混じり砂の液状化強度と一軸圧縮強度/活性シリカ系薬液の注入による地盤改良土の液状化強度の評価と施工後の管理/おわりに)



藤縄幸雄
アース工房
2008年8月

【目次】

第1章 実戦!緊急地震速報の実例と有効活用(教育施設編―学校を中心とした公共施設における現状と課題/地方自治体編―藤沢市・行政としての課題に直面/ケーブルテレビ局編―現行のCATVシステムを応用した緊急地震速報システム/半導体工場編 ほか)/

第2章 緊急地震速報導入のためのシステム・商品ガイド

第3章 資料編(緊急地震速報徹底解説―配信システム・受信システム・制御システム/平成19年度国の取組み状況/これだけは知っておきたい!地震用語の基礎知識)


地震対策本:一覧

book ranking

2011/03/09

線路と川と母のまじわるところ  小野正嗣

線路と川と母のまじわるところ  小野正嗣
¥1,890(送料無料)



朝日新聞出版
¥1,890
224ページ


去年のアンアンで、「幻想的なのに現実的」と紹介されていて、どのような世界観かなと興味を持ち図書館で借りました。

以下、アンアンにあった解説です。

「ヨーロッパを舞台に、日本人女性が移民の人々と出会い、何かしらの心の変化を迎える様子を描く3編を収録。

独特な比喩や、一瞬にして日常から離れていく展開によって、読み手を別世界へ連れていてくれる。

幻想的なのに、移民問題という現実的なテーマがしっかりと伝わってくる奥深さが魅力。」


「旅する部族」「皮膚に残されたもの」「線路と川と母のまじわるところ」という3編が収められている1冊です。

どれも、旅する日本人女性が主人公で、旅先での出会いと体験が描かれています。

全体的にとても静かで誠実な空気を漂わせる物語ばかりでした。

絵画だったら、地味な色彩の乾いた風景。笑顔やユーモラスはなく、どこかに寂しさを抱えつつそれと上手に共存しているような人々。

そしてこれは小野正嗣さんの書き方の特徴なのでしょうが、ひとつの文章がとても長いものが多く目につきました。

出だしからどうも物語になじむことができず、超速読で流し終わりました。

あらすじや空気感などは嫌いなタイプのものではなかったので、入り込めなかった自分が残念です。


小野正嗣さんプロフィール

1970年大分県生まれ。
作家、仏語文学研究者。明治学院大学文学部専任講師。
2001年「水に埋もれる墓」で朝日新人文学賞、2002年「にぎやかな湾に背負われた船」(ともに朝日新聞出版)で三島由紀夫賞受賞。

小野さん著書(一覧

  
book ranking