チェック☆

2011/04/21

宇宙からの手紙  マイク・ドゥーリー

宇宙からの手紙  マイク・ドゥーリー
山川鉱矢、山川亜希子訳



角川書店
2008年8月出版
278ページ


ザ・シークレット」という2007年に発行された本がベストセラーになりました。
これは、ロンダ・バーン(1945年生まれ)というオーストラリア人の女性が書いた本です。

私はこれを読み、その後DVDを買いました。
DVDの中には、何人もの成功者と呼ばれる人たちが登場するのですが、マイク・ドゥーリーもそのひとりです。

「引き寄せの法則」により、成功したひとりです。

できたら「ザ・シークレット」を先に読んだほうが、こちらの「宇宙からの手紙」がよりわかりやすいかと思います。

book ranking

本書で言いたいことは、簡単に言うと「願えば叶う。ほしいものはすべて宇宙に願えば引き寄せられる」ということ。




このようにわかりやすくシンプルに書かれているのですが、意味を理解しようとせず読むとちんぷんかんぷんかもしれません。

それぞれ、宇宙が私たち人間に書いた手紙という設定になっているので、最後に「宇宙より」と必ずしめくくられています。

たとえば、次のような文章がありますが、すぐに理解できるでしょうか。

あなたに必要なものは、いつだって、すでにあなたの手元にあります。

そのことが見えなくなっているのは、それが手元にないとあなたが思い込み、ずっとよそを探しているからです。

数秒考えて、灯台下暗しと言いたいのかと思います。
しかしもっと違う意味もありそうだと考える。

つまり、今現在のその人の置かれている状況や環境によって、さまざまな捉え方ができるのです。


ほとんどすべての人の人生に欠けているものとは何でしょうか?

それは、自分の人生には、何ら欠けているものはない、と悟ることです。

こちらのメッセージも、うんそうだわと簡単に相槌を打てる人は少ないのではないでしょうか。

誰もが欠けているものが多いと思いながら生きているはず。
それが実はすべてそろっているのだと言われて納得するのは難しい。

その後読み進めると得られるヒントがこちら。

あなたの人生の背景をすてきに、根本的に、そしておそらく永久に変えるための、小さな秘訣があります。

(もし、あなたが、本気でそう望んでいればの話ですが)

あなたの視線を変えなさい。外を見ないで、自分の中を見なさい。

仏教で言うところの「内観」をしなさいと言われているかのよう。


まわりくどく書かれている箇所も多く、シンプルに答えを導きにくい表現法も多いのですが、要は「念ずれば通ず」。
宇宙に向かって強い思いで望みを託せば、宇宙は必ずそれに応えてくれるというのです。これは、自らの力で望みを引き寄せるということ。

決して宇宙を見くびってはいけません。

というシンプルな1行もあります。

確かに「引き寄せの法則」は事実だと思います。

どうしてもあれがほしいと強く願ったとき、思わぬ形で、または予想どおりの形でそれを手にしたという経験がある人もいることでしょう。

逆に、ものすごく手に入れたいものなのに、絶対無理だ…きっと手にできるはずがない…と思っていたら、そのとおり手に入れられなかったという経験も同じくらいあるでしょう。

このように、思考どおりの結果が生まれるというのは、自ら引き寄せているということは信じることができます。

いつも笑顔で人に優しい人間にはおのずといいことが起きるように、いつもイライラして人の悪口ばかり言っている人間にはいいことが起きるわけがありません。

このことは、誰に教わったわけではなくとも、生きる時間が長ければ長いほど自然に知ることになる事実でしょう。

どのようにしたらより良い生き方ができるか、学ぶことができる本です。

ですがやはり最初に書きましたように、「ザ・シークレット」のほうがわかりやすい。


マイク・ドゥーリー氏プロフィール

国際会計士から起業家となり、さらに宇宙からのことばの翻訳家に転身。
世界的ベストセラー「ザ・シークレット」に登場する賢者としても知られる。
現在、米国フロリダ州オーランドに在住し、TUT's Adventurers Clubを主催。
世界中を旅して回り、人生や夢、そして幸せについて公演している。

 
book ranking