チェック☆

2011/07/28

インパラの朝  中村安希





集英社
2009年11月発行
283ページ


「その地域に生きる人たちの小さな声に耳を傾けること」を主題に、26歳の中村安希さんは2年間の世界旅行へ出かけます。ユーラシア・アフリカ大陸をほぼ行き当たりばったりで旅します。

その2年間にわたる旅行での出来事を、出会った人々との触れ合いを中心に書かれた1冊が「インパラの朝」です。

読んでいる途中からただただ脱帽。
日本女性はかしこく強く美しいと常日頃感じてはいるのですが、安希さんの場合は別格というか、別次元。

ここまで痛く苦しくつらい体験を乗り越えられえる日本人女性が一体何人いるというのでしょうか。
精神的苦労もあったでしょうが、どちらかというと肉体的苦労のほうが断然あったと思われる体験ばかり。
しかもたった一人で。弱冠26歳で。
book ranking


序章「向かう世界」は、次の文章で締められています。


私は45リットルのバックパックの底に980円のシュラフを詰めた。
3日分の着替えと洗面用具、パブ論とバファリンと正露丸を入れた。
それからタンポンとチョコラBB。
口紅とアイシャドウと交通安全のお守りを用意した。
パソコンとマイクとビデオカメラを買い揃え、小型のリュックに詰め込んだ。
果物ナイフや針金と一緒に、ミッキーマウスのプリントがついた覆面も忍ばせた。
そして、ジムで鍛えた両腕に4本の予防注射を打ち、体重を3キロ増やして日本を離れた。


なんと身軽なのでしょう。男性バックパッカー顔負けの物の少なさです。
これだけで2年間世界を渡り歩こうとするわけですから、まずここで中村安希という女性が大胆で行動的、かつ細かいことは気にしない、という性質に違いないと想像できます。



色白で涼やかな瞳の女性です。射抜かれてしまいそうなそのまなざしの強さは、彼女のイメージとぴたり寄り添います。異国の服とストールを纏っているようですね。鮮やかな色がきれいです。

こんな清潔感あふれる女性が、旅先でとにかくめちゃくちゃになります。何日もシャワーを浴びられなかったり、ハエのたかる食事をしたり、暑さ寒さなど極端な気候に打ちのめされたり、心なき人間に翻弄され傷つけられたり・・・。

体調を崩してひどい痛みに襲われているときや、体力の限界で旅を続ける姿に、何度か「もうやめて」と心で叫んでしまいました。痛そうでつらそうで、本を読んでいるこちらまで萎縮してしまうことが何度もあるのです。

それでも彼女が旅をやめなかった理由。
それは、多くの出会いを欲し、実際それを得られていたからではないでしょうか。

驚くほどどの土地でもすぐに人と話打ち解ける術を持っています。
男女問わず自分から歩み寄るに違いありません。

目次をたどりながら、同時に彼女の進路を書いてみます。

カリフォルニア

中国

チベット

ネパール

マレーシア

カンボジア

ミャンマー

インド

パキスタン

中国キルギス

ウズベキスタン

トルクメニスタン

イラン

シリア

ヨルダン

イスラエル

イエメン

イエメーンジブチ

エチオピア

ケニア

ウガンダ

タンザニア

マラウイ

ザンビア

ジンバブエ

南アフリカ

ガーナ

ブルキナファソ

トーゴーペナン

ニジェール

セネガル

モーリタニア

西サハラ

モロッコ

ポルトガル

・・・思った以上に地域名や国名が並びそろいました。本書には、章ごとに世界地図で安希さんがたどった進路を示してくれているので便利です。


相当たいへんな思いをした旅だったことは、一見淡々と書かれた文章に表れています。
独特の文章なのは、やはりプロの物書きではないことを示します。
最初は趣向を凝らしすぎた文章に思えとっつきにくかったのですが、読み勧めるうちになじんでいきました。
いかに彼女が現地で出会った人々のことを知ってもらいたいと思っているか、その気持ちもくみ取れます。

日本人として日本に住むということがどれほど恵まれているか、彼女は身をもって知ったことでしょう。だけどそれは「日本のほうがいい」という意味ではありません。
貧しくとも心豊かな人々と話し、触れ合い、どんどん心も大きくなったはず。

単なる旅行記ではありません。
日本のマスメディアが語らないことを、一般人の目線で見つめ語った世界を知ることのできる1冊です。
そして、ふつうの人々のふつうの感覚、ふつうの暮らしも垣間見れる1冊です。


中村安希さんプロフィール

1979年京都府生まれ、三重県育ち。
1998年三重県立津高等学校卒業。2003年カリフォルニア大学アーバイン校、舞台芸術学部卒業。
日米における三年間の社会人生活を経て、2006年ユーラシア・アフリカ大陸へ旅行。各地の生活に根ざした“小さな声”を求めて、47ヵ国をめぐる。2008年帰国。国内外にて写真展、講演会をする傍ら、世界各地の生活、食糧、衛生環境を取材中。他に、海外情報ブログ「安希のレポート」を更新中

★ブログ「安希のレポート」

★他著書


book ranking