チェック☆

2011/12/19

ヴァニティ  唯川恵


¥945(送料無料)

 
光文社
2011年11月発行
254ページ


単行本サイズでページ数も豊富。それなのに税込945円という驚きの価格は、唯川さんの想いがこめられた本のつくりにあります。

カバーも帯も使わず、軽装で、バッグの中に簡単に放り込め、くるっと丸めて手に持つこともできる、ある意味、雑誌に近い、そんな本にしたかった。
大切に本棚に並べてもらえるのも有難いが、時には、端っこが折れたり、紙がくしゃくしゃになっても構わない、朝ベッドで目覚めたら自分の身体の下で潰れていた、そんな本があってもいいのではないかと考えたのだ。

これは、あとがきに書かれた唯川さんの言葉です。

紙質はわら半紙に近く、外側も固い紙を使わずつくられた本。
いくつもの短編小説が詰まっているので、唯川さんの言葉どおり、夜1編読み、朝目覚めて1編読む、ということを私もしました。
枕元に置いていたので、さすがに自分の下敷きになっていることはありませんでしたが。

優しく淡い水色の表紙に、金文字。
シンプルでおしゃれな様相は、女性ならぱっと目が行き手に取る人が多いのではないでしょうか。

小説は、20代半ば過ぎから30代、40代の女性なら誰もが共感するフレーズがひとつやふたつはきっとあるはず。
仕事に恋愛に結婚に、今を懸命に生きる女性の心根を突く物語の宝庫です。

どきっとし、びくっし、ほろっとする箇所がたくさんあります。
それは、唯川さんが女性の本心を容赦なく正面から言葉にしているから。
だからといって、ドロドロした空気感はなく、さらりとスマートに書いてのけるところが唯川流。

唯川さんは1955年生まれ。地元の短大卒業後、銀行に就職し、1度転職し、10年間OL生活を贈りました。小説には、その中での実際の経験も数多く反映されているのでしょうね。だからこそリアリティのある言葉が生まれるのだと思います。
45歳で結婚し、その時セント・バーナードを飼いはじめたそう!
犬好きとしては一気に親近感。


いくつもドキリとさせられる言葉が散りばめられた「ヴァニティ」ですが、その中からひとつ。

鏡の中の私と目を合わせるたび、いつも途方に暮れたような思いにかられてしまう。
過ごしてきた日々が、確実に表情に刻み込まれる年代がやってきた。
嘘もごまかしもきかない。
胸にひそめたものさえも、影絵のように映し出される。
それはつまり年ってこと?もう若くないってこと?
(「フォー・シーズン」より)

まさにこのところ、同じように鏡をのぞきこみ同じ想いを抱えていたので、心を見透かされたかのようでドキリとしました。
つまり、私だけではなく数多くの女性が同じことを考えているものなのでしょうね。

「ヴァニティ」には、このように、心の内側をのぞかれたような言葉がたくさん。自分を再確認できます。

そして、例えば友人の幸福を妬むなど、少し黒い影がかかった想いを持ってしまった時、それは自分だけではないのだと、少しほっとさせてくれる1冊でもあります。それがいいことか悪いことかは別として。

共感できる「切なさ」がぎっしり詰まった1冊です。



唯川恵さんプロフィール

1955年、金沢市生まれ。
銀行勤務などを経て、1984年「海色の午後」でコバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。
2001年『肩ごしの恋人』で直木賞、2008年『愛に似たもの』で柴田錬三郎賞を受賞。



著書(一覧
  
book ranking